RECRUIT
社員の声

S.Iさん

事業本部 グラフィック統括部 第1デザイン室 サブチーフ

出身:多摩美術大学 絵画科油画専攻 卒

どんなお仕事をされているのですか?

キャラデザインからイラスト制作、3DキャラモデリングやUI制作など多岐に担当しています。
幅広い分野の仕事にチャレンジできるので、その分成長も実感できますし、やりがいも大きいと思います。

一番嬉しかった、仕事にまつわるエピソードは?

担当したキャラクターのファンアートを見たときです!
入社2年目に、社内選考で選ばれて名のあるシリーズタイトルのキャラクターデザインを担当しました。
人気のあるシリーズということと、今まであまり描いたことのない絵柄でのキャラクターデザインだったので、修正も多く苦労しました。
それでも、たくさん資料を集めたり他の人と相談したりして、最終的に納得する形になりました。
ゲームが発売されたときにはあまり実感がありませんでしたが、ユーザーの描いたファンアートを見たときは"自分のデザインしたキャラクターだ!"という実感が湧いてきて、とても嬉しかったです。
それ以降、今でもそのシリーズのキャラクターデザインやイラスト制作を担当しています。

数ある会社の中から、なぜアプシィを選んだのですか?

1つの分野にとらわれず、色々な分野にチャレンジできるからです。
学生時代は、何をやりたいかハッキリしたものがなく、なんでもやりたいと思っていました。
就職活動をしていく中で、大手の企業は1つの分野を極めていく傾向が強いと感じました。
そんな時に、色々なことにチャレンジできそうな当社に出会い、入社を決めました。
実際に入社をしてから、キャラデザイン、3Dモデリング、UIデザインなど様々なことを担当することができ、それぞれの知識や技術を得ることが出来ました。

I.Aさん

事業本部 グラフィック統括部 第2デザイン室

出身:名古屋造形大学 映像・アニメーションコース

出身国:インドネシア

どんなお仕事をされているのですか?

様々な制作に携わってきましたが、主にモーション作成とイラスト関係の作業
(キャラデザイン、コンセプトアートなど)をメインで担当しています。
モーション作業の場合、キャラクターモーションはもちろん、
イベント演出(ムービー、必殺技など)も作っています。
特にイベント演出を作成する際は、キャラクターモーションだけでなく、
ブロッキングとカメラワークも考えるため、映画監督のような気分になり、とても楽しいです。
*映画のファンです

一番嬉しかった、仕事にまつわるエピソードは?

入社して初めてのプロジェクトが印象的でした。
日本の社会人として、初めての経験でしたし、緊張しつつもワクワクした気持ちでいた記憶があります。
このプロジェクトで、私はオンラインゲームのモンスターのモーションとデザインを担当しました。
ついにゲームがリリースされたときには、ユーザーさんの評価も良く、ファンコミュニティも盛り上がりました。
やはりゲーム会社で働き、みんなに「楽しさ」を与えられるのが一番うれしいことに気づきました。
現在はゲームがサービス終了になってしまいましたが、あるユーザーさんから開発メンバーへのファンレターが届き、「楽しくゲームをしたり、色々な人とプレイできました。これからも応援します」という声をいただき、これ以上うれしいことはないと思いました。

数ある会社の中から、なぜアプシィを選んだのですか?

様々なジャンルやプラットフォーム向けの作品を開発しているからです。
ゲーム業界は広いため、技術とノウハウを入手するためには様々なジャンルに挑戦したほうがいいと思い、選びました。
そして、ゲーム業界で長い歴史のある日本で、たくさんのベテランの方々と一緒に働けることが魅力的でした。
しかし、インドネシア人と日本人とは育った環境や好みのずれがあり、戸惑うこともありますが、
自分が培ってきたセンスと合わせながら、オリジナリティのあるものを生み出すことを常に意識し、
デザインに活かしています。